2015年01月18日

男脳と女脳ができるとき

男脳と女脳ができるとき.png

男と女は違う。
見た目どころではなく、考え方も違ってくる。


この「考え方が違ってくる」というのはどこから発生しているのでしょう?

女性なのに、男性的になってしまう人も世の中にはいます。


この『男脳』と『女脳』が生まれるタイミングを見ていきましょう。


■男脳と女脳の分離


よく、男性と女性の違いは「染色体の違い」と言われています。


ところが、男性の中にも女性っぽい人がいたり、

女性の中にも男性っぽい人がいたりします。


このような人が生まれる理由の1つに、

胎児の時に男性ホルモン(アンドロゲン)のシャワーを浴びているか、

いないか、という違いがあります。


男性は、胎児の時、

そして生後半年までの間に、

体内で分泌された男性ホルモン(アンドロゲン)を脳に浴びます。

(これをアンドロゲンシャワーと言います)


アンドロゲン・シャワーを浴びると男脳ができ、
アンドロゲン・シャワーを浴びなければ

女脳ができるのです。


女性であってもアンドロゲンシャワーを浴びる人がいます。


こういう女性は活発で、決断力のある女性に育つことが多いです。


逆に、男性でアンドロゲンシャワーをわずかしか浴びていない場合には、

女性っぽい男性になることが多いのです。


■解明されていないけれど


アンドロゲン・シャワーの結果、

脳のどの部位にどういう影響が与えられるか、

と言うところまでは現在のところ解明されていないようです。


とはいえ、こうして男性と女性の考え方が違ってくる、

少なくともそういう傾向は出てくる、というのは信じても良いと思います。


考え方が変わってくれば、

「男性なりの合理性」と「女性なりの合理性」が違ってきたりします。


男性と女性が話すとき、

お互いの合理性の違いで、つまづくことが多いです。


まさに、男性と女性で

異文化コミュニケーションをしている状態なのです。


異文化同士がふれあうと、

その中で新しい価値が生まれてきたり、

新しい発見があったりします。


人間は、自分にないものを求める傾向があります。


男性と女性が惹かれあうのは、

まさに自分にないものを相手が持っているからなのですね。


自分の合理性は正しい、でも、相手の合理性も正しい。


こういう意識を持って相手と接すれば、

異文化コミュニケーションはうまくいきます。


男性が女性と接するとき、

または、女性が男性と接するときにも、

「異文化コミュニケーションをしているんだ」という気持ちで、

「相手の言い分は自分的には合理的ではないけれど、

相手からすると合理的なものなのだ」という意識で聞いてみてください。


そうすれば、新しい発見があると思います。



解説・織田隼人★知りたい!相手の気持ち

漫画・はらぺこ★カラフルCafe

自画像.jpg

私は男脳比率が高めかも(^_^;)


☆ 遊びに来て頂いて感謝 ☆


↑応援クリック頂けると嬉しいです♪



posted by はらぺこ at 06:26| 4コマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月14日

小さな幸せの作り方

小さな幸せの作り方.png

以前、「男性は1度であっても大きな幸せに喜びを感じ、

女性はささやかであっても複数の幸せがあることに喜びを感じる」と書きました。


ところで。


男性の大きな幸せというのは、

「昇進する」とか「車を買う」とか「試合に勝つ」といったものなので、

そこそこわかりやすいですが、

女性の「ささやかな幸せ」というのは

男性にはわかりづらいらしいです。


この「ささやかな幸せ」を男性がいかにすれば作れるか、見ていきましょう。

■こんなことがオススメ

「ささやかな幸せ」と言うだけあって、

男性が女性にできることがたくさんあります。


日常で少し気をつけるだけで、

女性の気持ちが良くなります。
では、1つ1つ見ていきましょう。


◆人前に彼女を連れて行ったときでも、

彼女を放ったらかしにせずに、彼女を気遣う

◆デートで食事を決めるときに

「あれにする、それともこれにする?」

というように選択肢で決められるように準備をしておく

◆愛情表現をたくさんする。

「好き」とか「愛してる」とかが照れて言いづらい場合には

「君とつきあえて幸せだよ」みたいな感じで言う。

◆ビルにはいるとき先にドアを開けて待っていたり、

車を降りるときに早く降りてさっとドアを開ける

◆外見をほめる。

特に女性がオシャレをしたときや髪の毛を切ったときには、

「今日はいつもよりいいね」という感じで

「気づいているよ」ということを相手に伝える。

◆小物以外の荷物を彼女が持っていたら、

自分が持つようにする。

◆デート中に彼女がゴミを持ったら、

すかさずゴミを自分が受け取る。
(たとえば、おやつを外でかって食べたとき)

◆彼女が人とケンカをしたり、

会社や学校で嫌なことがあった場合、

たとえ彼女に非があっても、

まずは彼女の味方となって話を聞く。

◆彼女が話したい雰囲気を醸し出している場合には、

まず、何をおいても話を聞く。

◆彼女の「相談」には

「アドバイス」で返さないようにする。

◆彼女以外と旅行に行ったときには、

彼女向けのおみやげを買って帰る。

◆彼女とデートするときには、

自分もオシャレをする。

◆彼女の話を聞くときには、

新聞やら読書やらインターネットをいったんやめて、

話を聞くのに80%程度集中する。

(男性は他のことをしながら話を聞いていると、

10%くらいしか集中していないので、

女性は「全然話を聞いてくれない」と感じてしまう)

◆メールや電話をまめにする彼女の場合、

たまには自分からメールや電話をする。

◆彼女が話しやすいように、自分から話題を振る。
例:「今日は何したの?」「XXに行くって言ってたよね。どうだった?」

「そういえば新しい人が今日、部に入ってくるって言ってたけどどんな人だった?」


■簡単なのに、幸せ


以上のように、やると良いことって、

難しいことはほとんどありません。


しかも、彼女のために行動すれば、

彼女は喜んで、二人の関係も良いものになっていきます。


ささやかな幸せは、

思ったより簡単に作れるもの。


是非、

好きな女性に「ささやかな幸せ」をプレゼントしてみてください。



解説・織田隼人★知りたい!相手の気持ち

漫画・はらぺこ★カラフルCafe

自画像.jpg

お金をかけるだけが
愛情表現ではありません^^


☆ 遊びに来て頂いて感謝 ☆


↑応援クリック頂けると嬉しいです♪



posted by はらぺこ at 21:15| 4コマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月01日

愛情の感じ方

愛情の感じ方.png

■女性が愛情を感じるとき

女性と男性とでは、相手に対して「この人を大事にしていこう」という

愛情が生じるタイミングが違っていたりします。


女性は、

「何か」を先回りして実行してもらえたとき、

愛情がわきあがってきます。


ビルに入るときに男性にドアを開けてもらえた。
歩道を歩くときに、車道側を男性が歩いてくれた。
なんでもないときに、花を買ってくれた。
「おなかすいた」と言う前に、レストランを探してくれた。
自分が相手に「好き」という前に、「好きだよ」と言ってもらえた。

こんなとき、女性は愛情がわきあがってくるのです。


■男性が愛情を感じるとき

ところが、男性が愛情を感じるタイミングは少し違います。


男性は

女性に何かした後に、

女性に喜んでもらえたら愛情がわきあがってきます。


レストランに連れて行ったら、おいしそうに食べてくれた。
プレゼントをあげたら、喜んでもらえた。
デートに誘ったら、うれしそうにしてくれた。
荷物を持ってあげたら、「ありがとう」と言ってもらえた。


こういう時に、男性は愛情がわきあがってきます。


なぜ、男性がこのようなときに愛情がわきあがるのかというと、

男性の「愛情発生のメカニズム」が次のようになっているからです。


(1)彼女に喜んでもらえる

(2)自分の存在が認められたと感じる

(3)自分を認めてくれる相手を認めるようになる

(4)認めた相手に愛情がわきあがる

なかなかおもしろいメカニズムですね。


■愛情を感じてもらおう

つきあいが長続きするカップルは、

相手の愛情のわきあがるポイントというのをほどよく刺激していることが多いです。


無意識のうちに、そのポイントをつかんだ人もいれば、

いろいろ失敗してその経験からつかんでいる人もいます。


今回の記事のように、「理屈」から理解して

その上で実践するというのも、1つの方法であると思います。


是非、相手の愛情をほどよく刺激していき、長いつきあいをしてみてくださいませ。



解説・織田隼人★知りたい!相手の気持ち

漫画・はらぺこ★カラフルCafe


☆ 遊びに来て頂いて感謝 ☆


↑応援クリック頂けると嬉しいです♪



posted by はらぺこ at 00:18| 4コマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。